スポンサーサイト

2017.01.31 Tuesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    出産記録

    2009.01.22 Thursday 01:50
    0
      今更ながら、200日前を思い出して出産記録を書きたいと思います。


                                     


      予定日は7月4日。

      7月4日
      5:05  少量の破水で目が覚める (この時点で自分では破水と断定できず)
      6:00  破水続く
      6:28  破水続く
      7:00  破水続く→病院に連絡。ご飯を食べてからすぐ来てくださいと指示される
      7:10  破水続く
      7:50頃 病院到着。内診の結果、破水でしょうと言われ即入院。陣痛室へ入る。
      NSTをつけたり感染しないように薬を飲んだり…。
      14時前に内診。兆候が全くないので今日は何もしないほうが良いと判断される。様子見。
      ちょくちょく腹痛はあるものの余裕。破水以外、すべてがいつもと変わらず。
      陣痛室から普通の病室へ部屋移動。
      17時以降、5分間隔で1分程度の痛みあり。まだ余裕。
      その後もNSTをつけたりで様子見。

      7月5日
      9:00  内診。陣痛を起こす薬を服用。破水による感染予防の薬を服用。
      10:00以降、陣痛の薬を1H毎に服用。その後も1Hに1錠服用し1日の摂取限度量6錠を服用しても出産の兆候なし。
      16:00  内診。子宮口3〜4cm。今日だめなら明日と言われる。
      この日も陣痛が5分〜8分間隔、1分程度の痛みはあるものの変化なし。
      夜中、なぜか陣痛がおさまり久しぶりの超超熟睡。
      あとになって思えばこの睡眠は王子からの“休めよ”のプレゼントだったと思っている。

      7月6日
      今日がタイムリミットだと思うと変な感じ。
      自分で産もうが切ろうが“今日が誕生日なんだー”と朝から思う。
      病室から陣痛室へ移動。
      9:00  促進剤の点滴開始。
      10・11・12時と1H毎に薬の量を増やされる。
      陣痛は前2日に比べれば強く、しんどくなっている。
      12時頃の陣痛からは旦那に腰をさすってもらうが、たいして気持ちよくもなく。
      たぶん場所が違うのだろうが言えず…。
      17時までに生まれなければ帝王切開が決定となる。
      17時まで頑張らないといけないのかーと嫌になる。
      午後、陣痛が更に強くなる。
      とにかく腰が痛い。
      帝王切開の可能性があるので絶食。
      お茶を飲みたくてもごくごく飲めない。内緒で口を湿らす程度で我慢する。
      16:00  内診にて帝王切開が決定。ホッとする。
      いままで促進剤を打っていたが、陣痛をおさめる点滴に変更。
      なんだかんだと準備。看護士さんや先生が慌しくなる。それを見ていよいよだなーと思う。
      歩いて手術台へ。
      この手術台がすっごく細くてでっかい腹を抱えて横になれるのか不安になる。
      腰椎・肩に注射。多分これは麻酔だったと思う。
      腰椎の麻酔は痛いと聞いていたけれど、陣痛のほうが痛くてそれどころじゃない。
      本人気付かぬ間に導尿の管を通される。←知らぬ間でよかった。
      院長登場で帝王切開の説明を軽く聞く。
      3人まで産めるだとかそんなのだったと思うけど。
      麻酔が効き始めてぼんやり。
      院長に何か聞かれたけどおかしな返事をしていたと思う。
      で、そこからは夢の中。でもどこかではうっすらと声が聞こえる感じ。
      「おぎゃー」と聞こえて目を覚ます。
      感動〜!というより「あっ、泣いてる…」と思った…と思う。
      その後、看護士さんが私の顔の近くまで王子を連れてきてくれて初対面。
      「○○さん、赤ちゃんだよ〜!」と言ってくれるが頷くのが精一杯。朦朧中。
      「ホントに赤ちゃんがお腹の中にいたんだー」と見て実感。
      一重の子か二重の子か気になっていたのでそれだけは朦朧とする中、確認。
      …旦那譲りの一重くんでした。
      その後はまた夢の中。
      すべてが終了してパジャマがどこにあるのか尋ねられる声で起きる。
      そして陣痛室へ戻る。
      その日の夜は陣痛室で過ごし翌日、病室へ戻る。
      王子と再会したのは7日の午後。看護士さんが病室まで連れて来てくれました。
      とにかく、へ〜〜〜んな感じ。私が子供を産むなんて。
      妊娠中も変な感じで出産後も変な感じ。で、育ててる今も変な感じ。

      こんな出産でした。
      経膣分娩に比べると出産自体は楽してます。
      出産後は切った方が多分しんどい。
      自分の傷も痛いのにオムツ交換や抱っこが腹に来る。
      ベッドからの起き上がり、立ち上がり、歩き…。
      ちょっと違うけど、介護される側の気持ちが少し分かったような気がします。
      今後に生かそう!

      帝王切開の理由としては
      ・前期破水
      ・児頭骨盤不均衡
      ・遷延分娩
      ・血圧上昇
      などなど書かれてました。

      今後、もし2人目を産むことになればきっと帝王切開だと思います。
      自然分娩をすすめられても断ると思います。
      自然分娩の痛みに怖気付いてます。私には耐えられない。
      陣痛室で何人も叫んでる人を見送った側としては無理!私には無理!
      今度は予定帝王切開になると思うのでまた違った感覚でしょうけどね。
      今回、陣痛で紛れていたことが今度は受け止めないといけないのでそれも恐ろしい…。
      いやいや、今は子供を産むことは考えられないけど。
      王子1人でいっぱいいっぱい。
      歳が離れればまた出来るかな?
      こればかりは運命ですね。

      色々あったけれど今思うことは一つです。

      子供を産んでよかったーー。

      王子、これからもよろしくね。

      長々と書いてしまいましたが、ここまで読んでいただけたそこのあなた様!
      どうもありがとうございましたー。m(__)m


      にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
       ↑
      いつもクリックありがとうございます♪
      ランキングが上がると子育て頑張れます!
      category:出産記録 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

      PR
      Calender
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM